慶應義塾大学(港区三田二丁目15番45号)

「慶應大学現役合格の秘密」:『ビリギャル』から学ぶ勉強法と努力の価値

「ビリギャル」小林さやか氏の投稿:
小林氏は、努力に関する議論を呼んだ投稿をしました。彼女は「努力できない人は『努力したくない人』なだけ」と述べ、多くの反応を引き起こしました。

教育と努力の議論:
小林氏の投稿には、「人生のスタートラインは違う」「努力することに得手不得手がある」といった意見が寄せられました。

小林氏の見解:
彼女は、努力ができるかどうかは環境に大きく依存すると認め、適切なサポートがあれば人は成長できると主張しています。

努力に対する個人的選択:
小林氏は、努力しないで生きることも一つの選択肢であり、日本は努力を過剰に評価していると指摘しています。


 ブロガーの一言
努力と個人の成長に関する社会的な議論と、それに対する小林氏の個人的な見解を掘り下げていますね。努力の価値と、それが個人の選択によるものであるべきかどうかについて、読者に考えさせる内容となっています。 そっと自分に問いかけてみる(^^)



小林 さやか(こばやし さやか、1988年3月15日 - )は、日本の大学院生。坪田信貴著のノンフィクション『学年ビリギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(通称:ビリギャル)で題材・主人公とされた日本の女性である。愛知県名古屋市出身。 愛知県の中高一貫校に在学中の高校2年の夏…
6キロバイト (659 語) - 2023年11月24日 (金) 04:27

(出典 birigal.biz)



(出典 tokaiyeg.com)



(出典 entrenet.jp)



1 ネギうどん ★ :2024/03/14(木) 11:41:37.74 ID:jQAZF/DF9
 映画化もされたベストセラー書籍『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(KADOKAWA、以下『ビリギャル』)のモデルになった小林さやか氏が、自身のX(Twitter)に投稿した「努力」に関するポストが議論を呼んでいます。(略)

 小林氏は3月4日に自身のX(Twitter)で「『努力出来る人と出来ない人がいるんだよ』と言う人いるけど、それって『努力出来ない人』なんじゃなくて、ただ『努力したくない人』なだけなんじゃないかなと思うんだけど、どうかしら」と投稿。

 この投稿に対しては「人生のスタートラインはみんな違う」「『努力すること』自体に得手不得手がある」「『努力できない人』に色々な背景がある」「全ての人に努力出来る環境が与えられるわけじゃない」といった意見が寄せられるなど、大きな議論となりました。

 小林氏は3月9日、自身の投稿が議論になっていることに言及。「『頑張りたくても頑張れない人もいるんだから責めないであげて』ってめっちゃくるんだけど、別に責めてないしみんなが頑張るべきとも思ってない。むしろ私はできればそんなに頑張らないで生きていきたい」とコメントしました。

その上で「どうしてもひっかかる」点があるとして、次のような私見を述べました。

「例えばあなたの周りにいる人に対して『あの人は頑張れない人だからね』って他人が勝手に決めつけるのってまじで失礼だと思うんだけど。頑張り方を知らないだけかもしれないし、過去に頑張った経験を周りにさせてもらえなかっただけかもしれない。適切なサポートさえあれば自分でびっくりするくらい成長できる可能性だってあるのに、そうやって周りにまるでそういう能力がないみたいに決めつけられたら、そりゃ本人もそう思い込んで努力しなくなるだろうな。本当そういう呪文みたいなのやめた方がいいと思うけど」

「頑張り方をちゃんと教えてあげないといけない」

 さらに3月11日の投稿では自身が置かれた環境について言及。「頑張れるのは適切な環境要因が整っていたからだっていうのは、私がビリギャル出版されてからずっっっっと言ってることでそんなのは大前提です」と環境の重要性を認め、「特に周りの大人の言葉の掛け方やサポートはその人のパフォーマンスを決める一番の要因と言ってもいい、地頭とかいうものなんかより影響でかいです。私だって母と恩師がいなかったら一生頑張ることなんてなかった」と振り返りました。

続きはソースで
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2403/12/news077.html

続きを読む