ニュース、画像、動画、X_Twitterの反応をまとめています

お立ち寄りいただきありがとうございます

霞が関

東京地裁(千代田区霞が関1丁目1-4 ·)

元参院議員ガーシー、俳優らに暴露動画で脅迫の罪で懲役4年を求刑される

ガーシー被告に懲役4年求刑:
元参院議員ガーシー(本名・東谷義和)被告が俳優らをユーチューブで脅迫したなどとして、暴力行為法違反などの罪に問われた裁判で、検察側が懲役4年を求刑した。



東谷義和 (ガーシーからのリダイレクト)
4C44MQCTMZKWTIIWW4L4P5RRZE/ 20236月24日閲覧。  ^ “【速報】ガーシー容疑者を証人威迫の罪で追起訴、東京地検 先月は常習的脅迫などの罪でも起訴”. 日テレNEWS (日本テレビ). (20237月10日). https://news.ntv.co…
115キロバイト (16,672 語) - 2024年2月8日 (木) 11:58

(出典 picoch.net)



1 愛の戦士 ★ :2024/02/08(木) 14:53:14.79 ID:VufQky329
ガーシー被告
2024年02月08日 14時27分
共同通信

 俳優らを動画投稿サイトでの暴露投稿で脅迫したなどとして、暴力行為法違反(常習的脅迫)など五つの罪に問われた元参院議員ガーシー(本名・東谷義和)被告(52)の論告求刑公判が8日、東京地裁で開かれ、検察側は懲役4年を求刑した。

 昨年9月の初公判で、起訴内容について「間違いありません」と述べて謝罪。弁護側は脅迫行為に関し「常習性は認められない」としていた。

 起訴状によると、2022年2~9月、ユーチューブなどの動画投稿サイトで俳優綾野剛さん(42)ら4人を脅迫したなどとされる。昨年2月には、綾野さんら2人の告訴状を取り下げさせようと考え、脅したとしている。

 被告は22年7月の参院選比例代表で旧NHK党から初当選。一度も登院せず昨年3月に参院本会議で除名された。滞在先のアラブ首長国連邦(UAE)から同6月に帰国し、警視庁に逮捕された。

https://www.47news.jp/10502570.html

続きを読む

東京地裁(佐伯恒治裁判長)(千代田区霞が関1-1-4 

ガーシー被告は起訴内容を大筋認め、「一生かけて罪を償う」と謝罪



 関連する記事 

ざっくりと


ガーシー被告の初公判
  • 元参院議員のガーシーこと東谷義和被告は、俳優の綾野剛らを脅迫したなどとして5つの罪に問われた。
  • 起訴内容を大筋認めたが、脅迫の常習性については争う姿勢を示した。
  • 綾野は「根拠のない情報で傷つけるのは許せない。東谷という存在自体が恐怖だった」と訴えた。
  • 綾野の所属事務所会長は、CM契約料の返金やファンクラブ会員の退会などの損害を被ったとした。
  • 次回公判は10月30日で弁護側が立証を行う。


東谷義和 (ガーシーからのリダイレクト)
2023年4月14日 ^ “ガーシー容疑者と共謀で逮捕の男性、処分保留で釈放”. 産経新聞. (2023年5月2日). https://www.sankei.com/article/20230502-3UYMRRECGZLJDE63VF2W26MTE4/ 2023年5月5日閲覧。  ^ “ガーシー被告と共謀容疑で逮捕の男性を不起訴…東京地検”…
109キロバイト (15,752 語) - 2023年9月20日 (水) 11:15

(出典 www.crank-in.net)



1 muffin ★ :2023/09/20(水) 16:32:12.47 ID:l/G2n+RQ9
https://hochi.news/articles/20230919-OHT1T51222.html
2023年9月20日 6時0分

YouTubeで俳優の綾野剛(41)らを脅迫したなどとして、暴力行為等処罰法違反(常習的脅迫)や強要、証人威迫など5つの罪に問われた元参院議員のガーシーこと東谷義和被告(51)の初公判が19日、東京地裁(佐伯恒治裁判長)で開かれた。

ガーシー被告は起訴内容を大筋認め、「一生かけて罪を償う」と謝罪したが、弁護側は脅迫の常習性について争う姿勢を示した。検察側は「CMを打ち切られたり、冷たい目で見られたりして、精神が崩壊する寸前でした」との綾野の供述調書を読み上げた。
中略

この日の法廷では検察側が朗読した供述調書によって、綾野の声が初めて公となった。綾野は「根拠のない情報で傷つけるのは許せない。東谷という存在自体が恐怖だった。CMを打ち切られたり、冷たい目で見られたり、つらい思いをし、精神が崩壊する寸前でした」と心境を吐露。今でも誹謗(ひぼう)中傷に悩まされるとし「人を信頼する気持ちをズタズタにされた。服役しても武勇伝として語るなら意味がない。(被告を)絶対に許すことはできない。厳しい処罰を望みます」と訴えた。ガーシー被告は膝に手を置き、伏し目がちに耳を傾けていた。

また綾野の所属事務所会長の供述内容によると、綾野の5000万円の広告契約料のうち1500万円を返金することになり、CM契約期間も5か月から3か月に短縮された。さらに、ファンクラブ会員が2000人退会するなどの損害も被ったとし「(ガーシー被告は)思考回路がどうかしている」と非難した。

中略
公判は約1時間半で終了した。次回公判は10月30日で弁護側が立証を行う。

全文はソースをご覧ください

続きを読む

今回は霞が関
厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第1部会

アルツハイマー病新薬の「レカネマブ(商品名レケンビ)」国内初承認へ


このニュースは、アルツハイマー病の患者やその家族、医療関係者にとって非常に朗報と言えるでしょう。
なぜなら、アルツハイマー病は現在、治療法が限られており、患者たちは日々の生活に多くの課題を抱えているからです。

アルツハイマー病は、認知機能の低下記憶障害などを引き起こす難病であり、その進行は遅くとも患者本人だけでなく、家族や周囲の人々にも大きな負担をかけるものです。
現在の治療法は症状の緩和に限られており、病気の進行を完全に食い止めることは難しい現実があります。

しかし、この度の新薬承認は、その現実に一石を投じるものとなるでしょう。
新薬「レカネマブ」はアルツハイマー病の進行に関与するとされるアミロイドβタンパク質に作用し、症状の進行を遅らせる可能性を秘めています。
この治療法が実際に患者に適用されれば、彼らの生活の質が向上することが期待されます。

新薬の承認は、医療現場や患者団体、そして家族の期待を背負っています。
その効果や安全性は厳密な評価が行われていることから、安心して利用できるものと期待されます。しかし、新薬を利用する際には慎重な判断と医師の指導が必要であり、個々の状態に合わせた適切な治療計画が重要です。

アルツハイマー病の患者とその家族は、この新薬の承認によって新たな希望を見つけることができるでしょう。
進行性の難病と闘いながらも、科学と医療の進歩が新たな道を切り開いていることを感じる瞬間となるでしょう。
私たちも、新薬が早く患者たちに届き、彼らの日々の暮らしを支える一助となることを願っています。


続きを読む

このページのトップヘ