ニュース、画像、動画、X_Twitterの反応をまとめています

お立ち寄りいただきありがとうございます

新宿

松本人志のX再開:
松本人志X(旧ツイッター)を再開し、猫の映像が多く流れてくることに対して犬の映像を設定する方法を尋ねています。


松本人志のサムネイル
松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、俳優、司会者、映画監督。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ、ネタ作り担当。相方は浜田雅功。兵庫県尼崎市出身。吉本興業所属。愛称は「松ちゃん」。妻は伊原凛。2024年1月より芸能活動を休止(詳細は後述)。…
119キロバイト (16,079 語) - 2024年7月14日 (日) 10:27

(出典 neko-dan.net)



1 muffin ★
https://www.sanspo.com/article/20240715-FG2NXGKWMZNKTD6XG4OYWVWQXA/
2024/07/15 16:11

ダウンタウン・松本人志(60)が15日、自身のX(旧ツイッター)を更新した。

松本は複数の女性に性的行為を強要したと報じた「週刊文春」と係争中のため、芸能活動を休止。14日に「ポスト、リポスト普通にしょうと思ってます。当たり前の権利やし」と3月25日以来、自身の言葉を発信し、X再開を宣言していた。

それから一夜明け、「Xのおすすめ。やたら猫の映像が流れて来るねんけど…猫キライじゃないけど…どう設定したら犬をすすめてくるん?」と投稿した。

続きを読む

石丸伸二氏の反論:
東京都知事選に立候補し、落選した石丸伸二氏が、自身の「女、子供」発言に対する批判に反論しました。

発言の背景:
石丸氏は、選挙特番での発言が「女性差別」と批判されたことに対し、文脈を説明し、批判を一刀両断しました。

批判への見解:
石丸氏は、批判が左翼的な方々による揚げ足取りだとし、支持が広がらなかった原因と指摘しました。

石丸伸二のサムネイル
石丸 伸二(いしまる しんじ、1982年〈昭和57年〉8月12日 - )は、日本の政治家。元広島県安芸高田市長(1期)。 広島県高田郡吉田町(現:安芸高田市)生まれ。吉田町立吉田小学校、吉田町立吉田中学校、広島県立祇園北高等学校(16期生)を卒業し、浪人を経て、京都大学経済学部へ進学。2006年、…
222キロバイト (33,365 語) - 2024年7月12日 (金) 15:16

(出典 ameblo.jp)



(出典 allabout.co.jp)



1 冬月記者 ★
https://news.yahoo.co.jp/articles/c9d9fe9f4db6e94a7256c268c34356b95a3ebdea

石丸伸二さん、「女、子供」発言に対する批判に反論「それが『女性差別』だっていう、その論理の飛躍はすごいな」

 7日投開票の東京都知事選に立候補し、落選したが得票2位と健闘した前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏(41)が14日、自身の公式YouTubeチャンネルで生配信を実施。自身の「女、子供」発言に対する批判に反論した。

 7日のフジテレビの選挙特番で石丸氏は、元乃木坂46の山崎怜奈(27)の要領を得ない質問を「大変申し訳ないのですが、前提のくだりが全く正しくないなというふうに感じましたよ」と一蹴。

 11日にテレビ朝日の情報番組でこの態度を問われ「真剣勝負で斬ったら、相手竹刀も持ってなかった、みたいな」「ただ、あれはもう1回あの場にいても同じふうにやっちゃうんです。それは女、子供に容赦をするっていうのは優しさじゃないと思ってる」

 「まあ、もっと優しく言ってあげればよかったのかな」「(頭を)ポンポンってやってあげる感じが良かった?それも失礼ですよね。やっぱり失礼じゃないですか。相手もプロとしてあの場にいらっしゃるんだったら」と答える様子が放送された。この態度に一部界隈から「ミソジニー(女性蔑視)」などと批判が起きた。


 石丸氏は生配信で、この件に対して反論。

 「あれは文脈がある。真剣勝負っていう話をして、時代劇風だと女、子供という話をその中で出して。『女子供とて容赦せん』っていう言葉があるじゃないですか。これ日本人なら分かるでしょ?『それがいけない』っていう話をしたわけですよ。そこからそれが『女性差別』だっていう、その論理の飛躍はすごいな」と一刀両断した。

 さらに「あれ皆さんが言うには左翼的な方が切り抜き、揚げ足取りで批判をしてるっていうふうな解釈があって。まあ気持ちは分からなくないんですけど、そういうことをやってるから支持が広がらなかったんですよ。いいかげん、反省した方がいいですよ」と皮肉を見舞った。


前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1720970770/

続きを読む

選挙戦の状況:
東京都知事選は最終盤を迎え、過去最多の56人が出馬しています。小池百合子知事と蓮舫氏の一騎打ちと見られていましたが、石丸伸二氏が支持を集めています。

各候補の戦略:
小池氏は「公務優先」を強調し、週末に街頭演説を行う戦略を採用。蓮舫氏は都市部を中心に街頭演説を実施し、若者向けの政策をアピールしています。

情勢調査:
複数の調査では小池氏がリードしていますが、石丸氏が蓮舫氏を逆転する可能性も示されています。



(出典 trponline.trparchives.com)



1 PARADISE ★
 東京都知事選(7日投開票)は最終盤を迎えた。過去最多の56人が出馬し、各陣営は街頭演説やSNSを駆使するなどそれぞれの戦略を繰り広げた。選挙戦は当初、3選を目指す小池百合子知事(71)と前参院議員の蓮舫氏(56)の事実上の一騎打ちとの見方もあったが、前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏(41)が若者や無党派層を中心に支持を集め、一部情勢調査では、蓮舫氏を逆転したという。何が起きているのか。

共同通信の中盤情勢に関する電話調査(6月29、30両日)では、小池氏が「一歩リード」で蓮舫氏が続き、石丸氏が「激しく追い上げる」展開と報じた。その他の複数の調査をみると、いずれも小池氏のリードは変わらないが、蓮舫氏が石丸氏を突き放しているものもあれば、石丸氏が蓮舫氏を逆転しているものもあった。

そこからラスト1週間で情勢はどう変わってきたのか。終盤情勢について、政治ジャーナリストの角谷浩一氏は「選挙戦当初は『小池氏対蓮舫氏』の構図とされた。しかし、小池氏と自民党の関係を追及するムードは選挙戦が進むにつれて薄れ、石丸氏の躍進が目立っている」と分析する。

小池氏は「公務優先」の姿勢を強調し、告示後も街頭で姿をみせるのは土日が中心だった。有権者の少ない地域から選挙戦を始め、終盤に人口の多い地域に進む「川上作戦」を展開した。

だが、陣営関係者が「必ずしも大勢の前に出ることだけが票につながるわけではない」と語るように、都電の車両内でのプロレス〝参戦〟や、船上からのアピールなどが目立ち、多くの有権者を集めた場での街頭演説は少なかった。

角谷氏は「小池氏は現職の強みをうまく利用して、自分に有利な選挙戦を展開した。世論調査の数字などからガツガツ行く必要はないと判断したのだろう」と語る。

蓮舫氏は都市部を中心に街頭演説を実施し、離党した立憲民主党や、共産党の国会議員らが応援に駆けつけた。

出馬の意向を示した際に蓮舫氏は「自民党政治の延命に手を貸す小池都政をリセット」すると強調していた。ただ、無党派層や若者の支持獲得に伸び悩んだこともあってか、選挙戦が進むにつれて若者向けの政策をアピールするなど軌道修正もみられた。

陣営関係者は「若い世代にも訴えが届くようにすることは意識している。街頭に集まっていただいてパワーをもらい、訴えていることに耳を傾けていただいている。2、3位で争っても仕方ない」と話す。

以下ソース
https://news.yahoo.co.jp/articles/e7ffc07b8ca26b0640ab3db974cdeeef6ec8fd6a

★1 2024/07/06(土) 00:28:56.03
※前スレ
【東京都知事選】激しく追い上げる石丸伸二氏VS蓮舫氏で〝つぶし合い〟 「静観」小池百合子氏が漁夫の利か★2 [PARADISE★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1720218738/

続きを読む

蓮舫氏の演説:
6月30日に銀座で行われた蓮舫氏の街頭演説が話題になっています。

年少扶養控除の誤解:
演説で「年少扶養控除」が増えると述べたが、実際には2010年に廃止されており、現在は「児童手当」が支給されています。

Xでの反応:
多くのユーザーがこの誤解を指摘し、議論が巻き起こりました。

訂正と反響:
蓮舫氏は「控除」を「公助」と訂正しましたが、さらなる批判が続いています。



(出典 www.huffingtonpost.jp)



1 PARADISE ★
 7月3日から、「年少扶養控除」「税額控除」のキーワードがXでトレンド入りしている。

 そのもととなっているのが、Xに投稿された蓮舫氏の演説の動画だ。

「その動画は、6月30日に蓮舫氏が銀座でおこなった街頭演説にテロップをつけたもので、蓮舫氏を支持する人物がアップしました。

 蓮舫氏は動画で少子化対策について話しており、『現役世代は結婚して子どもが産まれれば 控除がドンドン増えていく』というテロップがつけられていました。

 しかし、それに対し、年少扶養控除は廃止されており、子どもが生まれても控除は増えないのではないかーーという指摘が相次いだのです」(週刊誌記者)

 Xでは動画に対し、

《ちょっ!ちょっちょっちょっと!!子ども(16歳未満)いても控除なんて1円もないよ。0~15歳の15年間の年少扶養控除を奪ったの、悪夢の民主党政権でしょ》

《えっこれ今年の都知事選の動画?ほんとに?蓮舫さんってそのこともわかってないの?今子ども産んでも子ども手当はあっても控除はなくなったんだけど???》

 などのツッコみが相次いだ。

「年少扶養控除」は16歳未満の子どもがいる納税者に適用され、控除額は所得税が38万円、住民税が33万円。しかし、民主党政権の2010年、廃止が決定。その代わりに「児童手当」が支給されることになった。

 これらの指摘を受け、動画を投稿した人物は動画を削除。「控除」というテロップは「公助」の間違いだったーーとしている。

 だが、問題はこれでは終わらなかった。

「6月27日の蓮舫氏の街頭演説の動画が、立憲民主党のYouTubeチャンネルにアップされています。そのなかで蓮舫氏ははっきりと『結婚して子どもがいれば、税額控除が受けられる』と話しています。つまり『控除』のテロップは間違いではなかったということです」(同前)

 Xでは、

《控除ではなく公助の間違いです!って言い訳も大分苦しいのに、はっきりと税額控除って言ってたんですね…その場しのぎの言い訳で、子育て世代の苦しみをなーんにも分かってないんだなーと再認識しました》

《要するに蓮舫さんには民主党政権時の16歳未満の年少扶養を廃止した記憶も反省も無く、知名度だけで参議院議員を20年間もやったけど、控除と公助の区別も付いていないと。率直に言って無能過ぎないか?》

 なお、蓮舫氏も7月4日に自身のXで、《誤)控除 正)公助》と訂正する投稿をリポストしており、このことが注目を集めていることは認識しているとみられる。

 7月7日の投開票まであとわずか。この件に関して、蓮舫氏自身が説明することはあるのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fe6bd1418f14f3f3bb4fd012a8b755a1a29004cc

続きを読む

選挙戦の予測:
東京都知事選には、現職の小池百合子氏、立憲民主党を離党した蓮舫参院議員、広島県安芸高田市長を辞職した石丸伸二氏、元航空幕僚長の田母神俊雄氏らが出馬すると予想されています。

小池氏の強みと懸念:
小池氏は2期8年の知事経験新型コロナ対策東京オリンピック・パラリンピックの開催実績がありますが、「学歴疑惑」や自民党との距離が影を落としています。

蓮舫氏の挑戦:
蓮舫氏は無所属で出馬し、政党の推薦や支持を受けない方向で、自民党は「ステルス支援」を行う可能性があります。

選挙の焦点:
都政における少子高齢化人口減少自然災害女性活躍などの課題が選挙の焦点となっています。特に小池氏は「バージョンアップした東京大改革3.0」を進めたいと述べています。


小池百合子のサムネイル
小池 百合子(こいけ ゆりこ、1952年〈昭和27年〉7月15日 - )は、日本の政治家。東京都知事(第20・21代)。都民ファーストの会特別顧問。 アラビア語通訳者、ニュースキャスターを経て、1992年に政界へ転身した。 テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』キャスター(「小池
184キロバイト (24,098 語) - 2024年6月14日 (金) 02:03

(出典 www.daily.co.jp)



(出典 www.bloomberg.co.jp)



(出典 www.nga.gr.jp)



1 尺アジ ★
東京都の小池百合子知事(71)は12日、任期満了に伴う都知事選(20日告示、7月7日投開票)への立候補を表明した。3選を目指す小池氏と、立憲民主党を離党した蓮舫参院議員(56)、広島県安芸高田市長を辞職した石丸伸二氏(41)、元航空幕僚長の田母神俊雄氏(75)らを軸とした選挙戦が予想される。それぞれが、これまでのキャリアで培った強みを持ち、熱烈な支持基盤を誇っている。一方で、対立陣営に追及されそうな〝アキレス腱(けん)〟も抱える。「七夕の首都決戦」の行方に迫った。

「都政に文字通り全身全霊をかけて取り組み続けた」「少子高齢化、人口減少、自然災害、世界的に大きく後れを取る女性活躍など、総力を挙げて取り組むべき課題がいまだ山積している」「バージョンアップした東京大改革3・0を進めてまいりたい」

小池氏は都議会最終日の12日、出馬の意思をこう表明した。

40人以上が出馬の意向を示している首都決戦だが、小池氏には2期8年知事を務め、新型コロナ対策や、東京オリンピック・パラリンピックを開催した実績と経験がある。過去の都知事選でも、現職が出馬して敗れた例はない。

盤石に見える小池氏に影を落とすのが「学歴疑惑」だ。元側近で弁護士の小島敏郎氏は「カイロ大学卒業の実態を示す証拠はない」と主張、小池氏は「大学が卒業を認めている」と証拠を示して疑惑を否定している。

支援候補の敗北と、自民党との距離も懸念材料だ。

小池氏は自民、公明両党と組まずに4月の目黒区長選、衆院東京15区補選で支援候補が連敗した。今回、自民党は10日、都連の会合で小池氏支援を決めたが、岸田文雄内閣や自民党の支持率は低迷している。自民党の支援候補も連敗している。

今回の都知事選で、小池氏は無所属で出馬し、政党の推薦や支持を受けない方向で、自民党は〝ステルス支援〟となりそうだ。

これに対し、蓮舫氏は12日、立憲民主党への離党届提出後、都知事選について「挑戦者の立場で、思い新たに臨みたい。党派を超えて背中を支えてほしい」と述べた。出馬表明時には「自民党政治の延命に手を貸す小池都政をリセットする」と語っており、小池氏と自民党をワンセットで攻撃する構えだ。


立憲民主党を離党した蓮舫氏=12日
ただ、蓮舫氏にも「二重国籍」問題が影を落とす。2016年の民進党(当時)代表選の際に発覚した。17歳の時に日本国籍を取得していたが、台湾籍は除籍されておらず、国籍法で定められた「国籍選択」も行われていなかった。台湾籍を離脱したのは16年9月。経緯の説明が二転三転したことも批判された。

蓮舫氏は今回、無所属で出馬して、立憲民主党と社民党に加え、共産党が「全力で応援」(田村智子委員長)する構えだ。蓮舫氏が勝てば美濃部亮吉知事時代(1967~79年)以来、45年ぶりに「革新都政」が誕生する可能性がある。

共産党の支援については、国民民主党の玉木雄一郎代表と、立憲民主党の支持団体、連合の清水秀行事務局長がそれぞれ、「共産主義、共産党は受け入れられず、一体となって活動する候補者の応援は困難だ」「まるで共産党の公認候補のようだ。受け入れられない」と批判している。

※続きは以下ソースをご確認下さい

2024.6/13 15:30
zakzak

https://www.zakzak.co.jp/article/20240613-MNVOY4XWGVMGJLSIXMAJOGL2JI/?utm_medium=app&utm_source=smartnews&utm_campaign=ios

続きを読む

このページのトップヘ