TOB実施:
キリンホールディングスファンケルに対して株式公開買い付けを行い、完全子会社化する方針です。

ファンケルの強み:
ファンケルは化粧品やサプリメントなどの健康食品分野で強みを持っています。

ビール事業の課題:
キリンホールディングスのビールなどの酒類事業は、健康志向の高まりにより伸び悩むと予想されます。

ヘルスサイエンス事業:
成長分野としてヘルスサイエンス事業を強化し、ファンケルのノウハウを取り込むことで成長を目指します。

キリンホールディングスのサムネイル
キリンホールディングス株式会社(英: Kirin Holdings Company, Limited)は、ビールメーカーのキリンール、清涼飲料水メーカーのキリンビバレッジなどを傘下を持つ、キリングループの持株会社(ホールディングカンパニー)である。三菱グループの一員であり、三菱金曜会 及び三菱広報委員会…
27キロバイト (3,022 語) - 2024年6月14日 (金) 06:42
ファンケルのサムネイル
社名「ファンケル」の由来は「ファイン・ケミカル」(fine chemical、日本語で「混じりけのない化学製品」)の略語からで、前社名の「ジャパンファンケミカル販売株式会社」もこれに由来する。また「不安を蹴る=ファンケル」という説もある。…
44キロバイト (5,603 語) - 2024年6月15日 (土) 04:27

(出典 www.bloomberg.co.jp)



(出典 epotoku.eposcard.co.jp)



1 牛乳トースト ★
キリンHD、ファンケルにTOBで完全子会社化の方針…*サイエンス事業を強化

ファンケルは化粧品やサプリメントなどの健康食品に強みを持つ。キリンHDは2019年にファンケルと資本・業務提携契約を結び、ファンケル株の約33%を保有していた。

キリンHDの主力であるビールなどの酒類事業は世界的な健康志向の高まりを受け、今後、伸び悩むことが予想される。

一方、成長分野として、酒類の技術と医薬品を融合させた*サイエンス事業の強化を目指している。キリンHDは完全子会社化で、ファンケルの持つノウハウを取り込み、成長につなげていく考えだ。

2024/06/14 00:41 読売新聞オンライン
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20240614-OYT1T50010/

続きを読む